MENU
kou-2
壺中天あり
四十代後半のブログ(IT関係全て)ド素人です。
仕事は、建設業の土木工事会社の管理職です。
IT知識の吸収と収益を目指してブログを21年2月後半から始めました。

インプットした内容を基にして、思考と感情の整理を行い、日々考え方を改善しています。私のアウトプットを、皆さんのお役に立てる記事として解りやすくお伝えしていきたい。

私が、失敗や体験して掴み取ったこと、また、読書などから学んだことを、「人生の羅針盤」としてあなたが同じ轍を踏まないように手軽に学べる記事にします。

あなたの心に忍び込み、何故か気になる、共感できるブログでありたい。
「そういえば、そのことについてずっと気になっていたなー」そんなときに役立つブログを目指します。
書きやすさ秀逸 テーマ「SWELL」
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
最大の資産は自分自身。基準を上げよう!

【テーマ変更】無料cocoonから有料「SWELL」感想記

あなたは、自分のブログと他人のブログを比べて「物足りなさ」や「負けてる」と感じたことはありませんか?

  • 素人で技術が未熟なためにできることが限られている
  • 経験の差
  • センスがない


そんなふうに無理やり自分を納得させていませんか?

「時間を掛けて見た目の差を埋める」そんな悠長なことを言っていると駄目です。
そのうち、段々とブログの更新をしなくなります。

おそらく、あなたがブログを始めたのは、副業(収入)を念頭に入れてのことだと思います。

ブログの更新をしないで、技術がつくことも稼げるようになることもありません。

そもそも、やめてしまうとブログに使ったサーバー代や時間がすべて無駄になってしまいます。


継続しなければイケない理由を作りませんか?

「物足りなさ」や「負けている」感を大きく埋めてブログを楽しみませんか?

この2つは稼ぐに繋がります。

この記事を読んでわかること

今のテーマを使い続ける事の問題点
テーマ変更のタイミング
cocoonからSWELLでの手間(私の失敗)
ブログに対する愛着
SWELLのメリット(操作編)
SWELLのメリット(金銭編)

目次

ワードプレス有料テーマ「SWELL」

公式サイトトップページhttps://swell-theme.com/?id=qgs3yejvxcr0bpt6

kou

先ずは、公式サイトでSWELLの良さを体感して下さい。

必ず帰ってきてね。

人の心を信じるが良い


いま巷で熱く盛り上がっているWordpressテーマ「SWELL」

この記事では、無料テーマcocoonを使用していた筆者が有料テーマ「SWELL」へ変更して感じたことを記事にします。

私は、ブログのことを全く何も知らないところから始めました。

WordPress(以降ワードプレス)でブログを書くにあたって、最初からインストールされていたcocoonを使うのは当然の流れでした。

だけど、他のブログと比べてみると何か物足りなく感じていました。

今の貴方と一緒です。

技量の違いはありますが、他のブログはとてもおしゃれで見やすい、装飾もきれいで整っています。

この差は、知識と経験の違いでは埋められないと感じていました。

どうせブログを書くならおしゃれできれいな方がいい、当たり前の感想ですよね。

きっとあなたも同じだと思います。

kou

「アフィリエイトで収益が上がってから」
私も最初はそう考えていました。

だけど、ブログがだんだん苦痛になってくるんです。

特に、「3ヶ月の壁」これは苦しい。

やめてはイケません。
逃げてはイケません。

今すぐ、速攻で

先ずは、テーマ変更のタイミングですが、「今すぐ、速攻で」変更しましょう
今すぐやってください。
速攻でやってください。

なぜなら、リライトに手間がかかります

cocoonからSWELLに移行するには、開発者がプラグインを用意してくれています。

それを有効にしても、やはりリライトは必要でした。

kou

全記事リライトしました。

どれほどの時間が必要だったか!

あなたは、同じ間違いを繰り返さないで下さい。

乗り換えサポート用プラグイン

SWELLには、他テーマからの乗り換えに安心のプラグインが用意されています。
(これを使えば「リライトなし」「記事デザイン崩れなし」ってことはありません。)

下記テーマからの乗り換えに対してプラグインが用意されています

  • cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR
  • 今後も増える予定
kou

ちょっと安心だ。

しかも有名所が多い!
自信の現れだな!

SWELLスゲー!


当壺てんブログの例では、吹き出しと囲みのブロックについてリライトする必要がありました。
更に、丹精に書いたメタディスクリプションも全て消え去りました。

メタディスクリプションとは

記事の概要の紹介文のこと。
検索結果などを表すときに題の下部に表示される。

下部画像参照(赤のカッコ内がメタディスクリプション)

上記のメタディスクリプションは、タイムプレッシャーについての記事です。


さて、どこに行ったのでしょうか?

元々「All in One SEO Pack」というプラグインを使用していれば、新しいプラグイン「SEO SIMPLE PACK」に引き継ぐそうです。

SEO SIMPLE PACK

SWELLと同じ開発者が作成したプラグインです。
相性抜群は当然でしょう。


しかし、知らないし、めんどくさくてSWELLダウンロード後にすぐ有効化しました。

SWELLにも子テーマがあります。
もちろん、追加料金無しでダウンロードできます。

kou

そして、すべてのメタディスクリプションが消えた。

1つの記事に対して、120~130文字が全て消えた。

27記事✕130文字=3510文字 消えた。

決断の遅さが原因だ!
しかも、めんどくさがりが悪い!

SWELL公式サイトへのリンクswell-theme.com

SWELLの特徴

ここで、SWELLの特徴をご紹介します。

開発者の了さんのご自慢の一品です。

詳しくは、上記公式サイトからご訪問ください。

書きやすさ秀逸

ブロックエディターに完全対応

  • 最新のブロックエディター「Gutenberg」に完全対応しています
  • ブログを「簡単に・素早く・楽しく」書けるようにカスタマイズ
  • コードを書く必要もなく直感的に作業できる
  • シンプルで美しいデザイン
  • 豊富なウィジェットエリア
  • 広告の配置も簡単
  • じゅうぶんなSEO機能
  • 複数サイトで使用可能

SWELLは、17,600円(税込み)
有料テーマでも高い方です。

kou

だけど、その値打ちはある!

特に、「複数サイトで使用可能」これは魅力ですね。

もし、2つ目のブログでも使えば半額と同じです。

お得ですね!

2つ目でも使うと、8,800円!!

それはお得!

しかも、買い切りタイプだから追加料金は発生しない

変更のタイミング

もし、有料テーマ「SWELL」にしようか迷っているなら、その時間がもったいないですよ。

私のようにリライトの山を築きますか?

それとも、かけがえのない時間を大切にして、時間の無駄を省きますか?

kou

費用対効果で考えてください!
私は、失敗した。
もっと早く決めればよかった(実感)

https://swell-theme.com/?id=qgs3yejvxcr0bpt6

公式サイトでSWELLをもう一度味わってください。

公式なので安心じゃ!

加速

テーマを変更して、ブログの楽しさを満喫してください。

しかも、決断が早ければ早いほど、結果に直結する。
(PVなのか、書く楽しみか、喉から手が出る収益か、どれも大事!)

無駄な時間をかけずに、少しでも早く成果を手に入れましょう!

私も挑戦中です!
そのためのツールです。

まとめ

SWELLを迷われている方は、時間の無駄です(経験談)

「ブログで収益が上がってから」って、大抵の人は考えます。

しかし、その人達はほぼやめていくはずです。

ブログ継続は甘くありません。

覚悟あるあなただけが成果(収益・継続)を手に入れることができるはずです。

今の不満のあるテーマにしがみついて、ブログか楽しくなくなるよりも、話題沸騰中のSWELLに変更して記事更新を楽しんで下さい。

kou

私は、まだSWELLの機能を少しかじっただけです。
今後に期待値が大です。

買って良かった!

買うのをためらってたくせに!

しかし、もう負い目はない

しっかり稼げよ!

kou

私は、ブログを初めてもうすぐ4ヶ月が経ちます。

その間にどれほどの同期がいなくなったか・・・

継続が大切です!

私の3ヶ月はこんな感じでした。

https://tubotenn.com/3nd-month/



例えば、今のまま3ヶ月がすぎると、その分記事数は増えます(続いていれば)


必然的にリライトを多くすることになり、稼ぐ新記事を書けなくなってしまいます。

私と同じ失敗をしないで下さい。

決断するのは今、早いほうが後で楽です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 壺てんブログ - にほんブログ村

書きやすさ秀逸 テーマ「SWELL」

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる