MENU
kou-2
壺中天あり
四十代後半のブログ(IT関係全て)ド素人です。
仕事は、建設業の土木工事会社の管理職です。
IT知識の吸収と収益を目指してブログを21年2月後半から始めました。

インプットした内容を基にして、思考と感情の整理を行い、日々考え方を改善しています。私のアウトプットを、皆さんのお役に立てる記事として解りやすくお伝えしていきたい。

私が、失敗や体験して掴み取ったこと、また、読書などから学んだことを、「人生の羅針盤」としてあなたが同じ轍を踏まないように手軽に学べる記事にします。

あなたの心に忍び込み、何故か気になる、共感できるブログでありたい。
「そういえば、そのことについてずっと気になっていたなー」そんなときに役立つブログを目指します。
書きやすさ秀逸 テーマ「SWELL」
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
最大の資産は自分自身。基準を上げよう!

【7つの習慣】影響の輪・関心の輪を知り他人に干渉されない生き方をする

あなたは、最近自分の思い通りに行かなくてイライラしたり、人に八つ当たりしたり、荒々しい言葉を使ったりしたことはありませんか?

あるいは、「興味や意識が分散して一つの物事を続けられない」そのように感じることはありませんか?

他人に対しては、以下のように思いがちではありませんか?

  • 期待してたがやってくれていない
  • 普通のことができていない
  • 自分の常識と違う



以前の私は、そのように感じることがよくありました。

しかし、今から紹介するメソッドを学んでからは、徐々にですが気持ちが落ち着きを取り戻し、穏やかな時間を過ごせるようになり、集中して物事を進められるようになりました。

他人に過度に期待することもなくなり、自らも他人の領域に無理に入っていくことがなくなりました

私が学んだのは、著書「7つの習慣」(著者スティーブン・R・コビィー)
その中で紹介されている「影響の輪」「関心の輪」をご紹介します。

今回ご紹介する内容を学ぶことで、他人からの干渉を受けても他人に振り回されない、感情を乱されない生き方に近づけます。



本文に忠実に、私なりに噛み砕いて解説していきます。

この「影響の輪」と「関心の輪」考え方を知ることにより、価値観に沿った主体的で他人に期待しない生き方ができるようになります。

この記事を読んでわかること

名著「7つの習慣」の片鱗に触れる
「影響の輪」と「関心の輪」を知ることで人間関係が楽になる
他人に振り回されない見方ができる
「影響の輪」と「関心の輪」を知るこちで人生が楽になる
ストレスの緩和
人生の羅針盤を得る

目次

7つの習慣

スティーブン・R・コビィー著「7つの習慣」は、累計発行部数が全世界4000万部の大ベストセラーで、日本国内だけでも240万部突破しております。

平均年収974万円の30代以上が推薦する「新社会人に贈りたい本」にも選ばれています。

鉄板のビジネス書として、長く親しまれています。

kou

私は、本で読んだ後も、オーディオブックでも度々聞き返しています。
内容は難しいですが、座右の書として二冊保有しています。

7つの習慣は、「依存 → 自立 → 相互依存」へと状態改善を目指しており、自らの価値観を知り、人格を高めることで成し遂げていくことを勧めています。

是非読んでみることをお勧めします。

今まで考えていたこと・悩んでいたことの原因が書かれています(体験談)

関心の輪

あなたは、普段どのようなことにエネルギーを向けていますか?

関心の輪を描くことで、自分が関心を持っている事柄と関心を持っていない事柄に分けることができます。

kou

先ず、自分が関心がある事柄を書き出してみましょう。

関心があることは全て関心の輪に入ります。

すると、その中には自分でコントロールできない事柄と、コントロールできる事柄に分けることができます。

コントロールできない具体例

  • 天気
  • 政治
  • 他人
  • 過去
  • 社会
  • 老化など



関心があり、自分でコントロールできるものが影響の輪に入ります。

影響の輪

自らの価値観を明確にすることで、何に影響できるかが分かるようになります。

影響の輪を知ることで、エネルギーをどこに向けて集中すれば良いかがわかります。

主体的な人は、努力と時間を影響の輪に集中させ、自らが影響できる事柄に働きかける。

7つの習慣より引用

なんか難しいですよね?

「7つの習慣」は難しいんです。
日本語訳が野暮ったいというか、言い回しがとにかく難しい。
理解するのに何度も読み込まなと、なかなか先に進めませんでした。

そもそも、価値観や主体的ってなんでしょうか?

この言葉も本文の中で幾度となく使われる大事な言葉です。

主体的とは・・・自分の意志・判断で行動する様

つまり、自分の意志で時間やエネルギーを集中させ、結果に違いが出せる事柄が影響の輪に入ります

  • 考え方
  • 健康状態
  • 食事内容
  • 知識
  • 態度など



あなたがどんなに頑張っても、結果に違いを出せないこと(例えば、天気や他人の性格など)を明確に知ることで、エネルギーロスを少なくし、あなた自身が感じる被害者意識も減らせます。

主体的・反応的な生き方

生き方(価値観・考え方)によって、影響の輪と関心の輪に変化が現れます。

主体的な生き方

自らのエネルギーを影響の輪に注力することにより、積極的なエネルギーが生まれ影響の輪が拡大していきます。

例えば、仕事などでも最初は与えられた仕事だけをします。

しかし、慣れてくると全体像が把握できるようになって、隣の人の仕事や先輩の仕事なども理解・把握できるようになります。

あなたが他者に代われるということは、あなたの影響の輪が拡大しているんです。

反応的な生き方

反応的な人は、関心の輪に意識を集中させてしまいます。

例えば、環境や他人の欠点、自分のコントロールの及ばない事柄への非難などです。

これらに意識が集中してしまうと、被害者意識を作り出し消極的なエネルギーを発生させ、肝心の影響の輪に対する取り組みが疎かになってしまいます。

その結果として、影響の輪が小さくなります。

スティーブン・R・コビィーの経験

私が、尊敬するコビィー博士も子育てに関して関心の輪の中に集中しているときは、失敗を重ねたことが7つの習慣の本文中に紹介されています。

「全く埒があかなかった」「無力感と物足りなさを痛烈に感じた」と表現されています。

しかし、「影響の輪に集中し、自らのパラダイムを変えることに働きかけて、自分たちを変えることで息子にも影響を及ぼせるようになった」と続きます。

パラダイムとは

社会を見るレンズ・メガネのこと(物質的なものではありません)

人は、物事をあるがままに見ているつもりでも、人それぞれ異なったレンズを通してみている。
だから、同じものを見ても人により、感じ方や解釈が異なる。

私の意訳では、「私達夫婦が、息子をコントロールしようとしていた時は、反感も起こり良い結果が出なかった。しかし、自分自身の影響の和に集中することでモノの見方や考え方が変えることができた。それが、息子にも良い影響として伝わり、その結果として息子の人格も大きく成長した」

コビィー博士自身の体験を通じて本書が書かれているので、あなたの人生にも共通点が見出せると思います。

自己中心的な生き方

人によっては、地位・財力・役割・人脈などにより影響の輪が関心の輪よりも大きくなることがあります。

これは、短絡的・反応的・利己的・自己中心的な生き方の結果です。

kou

結構ボロクソに言ってますね。
コビィー博士怒ってる?

まとめ

まだ内容的には続けたいのですが、今回の「影響の輪」「関心の輪」を学びとり生活や仕事の場面で活用すれば、あなたが感じる自由度の質は各段に上がると信じています。

そして、他人に期待して裏切られたときに受けるストレスが減ります。

あなたが、影響できることだけに集中してエネルギーを注ぐことで、エネルギーロスは少なくなります。

あなたの知識・経験・感性・エネルギーを有効に使えるのです。

これは、仕事や人間関係、自らの人格育成にも使える考え方です。

ぜひ、この考え方を習得し習慣にしてください。



機会があるごとに、加筆・修正を加えていきますのでお楽しみにしておいてください。

初めて7つの習慣に触れる方は、この記事をブックマークして考え方を自身に染み込ませて欲しいと思います。

最後に、本文に出てくるの名言のうち、私が特に気に入っている一文を載せて締めさせていただきます。


思いの種を蒔き、行動を刈り取る
行動の種を蒔き、習慣を刈り取る
習慣の種を蒔き、人格を刈り取る

人格の種を蒔き、人生を刈り取る

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 壺てんブログ - にほんブログ村

書きやすさ秀逸 テーマ「SWELL」

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる